中村均一 

〜八戸でみたゆめ project〜

中村均一 

〜八戸でみたゆめ project〜

メニュー

〜プロフィール〜 

 中村均一(なかむらきんいち)

東京藝術大学を卒業。同大学同声会新人演奏会に出演。東京文化会館推薦音楽会に選抜。1982年にアルモ・サクソフォン・クァルテットを結成。全国でのコンサート活動に加え、サクソフォン四重奏の編曲作品を精力的に制作。1986年第21回民音室内楽コンクール(現東京国際音楽コンクール室内楽)でサクソフォンとして初めて第1位受賞。1999年のスイス・ロマンド放送交響楽団の日本ツアーに参加。また、日本フィル、札響、兵庫PAC、九響、アンサンブル金沢等、日本各地のオーケストラのサクソフォン奏者としても活躍している。これまでに、カルテットやソロなど10数枚のCDをリリース。8人編成の吹奏楽アンサンブル「マジカル・サウンズ」や、在京オーケストラ11人の管楽器奏者による「アンサンブル・シュパース」、またまたClassicとPopsの異種混合グループ「Clops」など新しいスタイルのサウンド作りにも積極的に取り組んでいる。1999年~2010年東京藝術大学講師。現在、日本大学藝術学部および尚美ミュージックカレッジ専門学校講師。

2017年の夏  八戸にて大動脈解離を発症し奇跡的に命を助けられる。一時は演奏家としての復帰が危ぶまれたが多くの方々に助けて頂いて快復することが出来た。音楽に感謝してその気持ちと命の尊さを伝える音楽を続けて行きたいと願い「八戸でみたゆめ project 」を発足。音楽を通して人と人とが繋がり、命と向き合い助け合う事をライフワークの一つとしてCD制作やコンサートでの募金活動をしてこの輪が広がる事を願っている。